尚文出版

こころをこめた「本」づくり 尚文出版株式会社

コラム

 蹴鞠

 
蹴鞠は、鹿皮(しかがわ)製の鞠を一定の高さに蹴り上げて、 地面に落とさないようにして蹴る回数を競う遊戯です。

四隅に「かかり」と呼ぶ桜・柳・松・楓などの木を植えた、一辺約7メートルの正方形の専用の庭で行われます。
「かかり」に囲まれた部分は、水はけをよくし土を固くするなど、グラウンド整備が丹念に行われました。

 

『助動詞ライトノート』より