尚文出版

こころをこめた「本」づくり 尚文出版株式会社

コラム

 正しくことばを使えているかな? ~第1回~

 
情けは人のためならず

 

「親切は相手のためだけではなく、やがてはよい報いとなって自分に戻ってくる」という意味のことわざです。
しかし、最近、「情けをかけることは、結局はその人のためにならない」という意味だと思っている人が増えているようです。
打消しの「ず」が「ためになる」にかかっているとする解釈だと思われますが、これは間違いです。
「人のためではない(=自分のためだ)」という意味ですので、注意しましょう。

 

『読解現代文必携 キーワードの卵』より